スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ライナーにしておくのは勿体ない?(60's〜Czech Liner Jacket)

先日は こんなライナー をご紹介しましたが、今日はこちら。 サラッと掛けておいても不思議と"絵になる"存在感で ライナーにしておくのは勿体無い? そのくらい完成度の高いヴィンテージアイテム。 60's∼ Dead Stock Vintage Czech Army Liner Jacket チェコのライナージャケット、今年もどっさりと入荷しております。 年代も60's(前期型)、70's(中期型)、80's(後期型)と揃い、 古いものだと60's〜Vintageとかなり古めですので そういったヴィンテージ的な視点でも魅力ありの一品かと思いますよ。 では 60's から。 60's 〜Vintage Dead Stock Czech Army Liner Jacket COLOR : Olive   SIZE : 1(Mくらい)、2(Lくらい)、3(XLくらい)  PRICE : ¥7,800 (Taxin¥8,580) 60'sヴィンテージだけに、表地・裏地 共に抜群に雰囲気良いです。 記載はありませんが両面共に コットン100%であるかと思います。 現状 Dead Stock 状態となっていますが、 洗い込んでいけば、より味わいが深まりそう。 先にも書きました通りライナーなんですが (着用スタッフ 177cm 65kgで2を着用) 完成度高く、ぜんぜん単品で使えます。 ちょっと緩めに着ればまるでデザイナーズのような雰囲気もありつつも、 ヴィンテージでしか味わえない、オーラも楽しめる贅沢な一枚かと。 さて、 中のステンシルを見ると、1963's Vintageとかなり古いですね。 このくらいの年代のアウターだと、けっこうハイプライスな昨今ですが ライナーという位置付けもあり、盲点と言いますか、かなりお買い得かと。 ちょっと話がずれてしまいましたが、60'sの特徴としては 前述した素材感と、脇下の穴(ベンチレーション)が無いこと。 70's以降はベンチレーションが付きます。 また、 70's〜以降と比べ、ボタンやリブの付属も雰囲気が良いのが この時代。リブもおそらくコットン製と思われます。 古いものですので多少の汚れ等はありますが Dead Stockです

最新の投稿