De Bonne Facture Made in France

昨日の フランス製 の リーバイス だったり、

Marcel Lasance だったり。

ビックメゾンだと エルメス だったり ARNYS だったり。

なんでもないシンプルなデザインの服も

これここのだろうなって分かる空気感のある服 って フランス に多くないですか?

今日ご紹介するこちらのブランドも

"De Bonne Facture"

御多分に洩れずそんな空気感を合わせ持つ魅力的なブランド、De Bonne Facture。

フランスに限らずですが イギリスの SEH KELLY だったり、日本の Richfield だったり。

個人的に好きなブランドは、なんでもないシンプルなデザインですが

これここの服だろうなって分かる空気感 のあるブランド。

そんな洋服、ブランドに魅力を感じるんですが、

最近世の中 わざとらしい服 が多い気がして。。。


なので、

De Bonne Facture 2019 Spring Summer Collection

この デボンファクチュール の コレクション を 見た時は ほぼ一目惚れ でした。

シンプルなデザインに着心地にこだわったパターン二ング & 生地使い。

フランス製/クラフトマンシップのある工場 にて作られる、こだわりのある生産背景。

ディテールを詰め込まない、ぱっと見は静かでなんでもない服だけど

丁寧に作られてるのがヒシヒシと感じられる服。


こちらのコートも

De Bonne Facture Made in France
"Organic Ventile Parka"
Size:46 (36 / S) , 48 (38 / M)
¥128,000 + Tax

至極シンプルなデザイン。

ベース的には M51 Fish Tail parka でしょうか。

サンプリングされまくっているベタ中のベタな w デザインソースですが、
 
高級感あるパーツ使い、

無駄を削ぎ落としたシンプルでミニマムなデザインも◎です。

しかも、この生地。ベンタイルを使ったこの生地感、最高です。

割とメジャーになったベンタイル生地。

M51 のサンプリング同様、いろんなブランドがこぞって使っていますが、

こちらは日本製のそれではなく本国仕様のベンタイル

ベンタイルという名前は同じでも生地感は別物かと思います。

でさらにこちらは
 
ベンタイル は ベンタイル でも オーガニックベンタイル 。

話には聞いたことあったんですが、初めて製品に使われてるの見ました。

いやぁ〜いい生地ですね。

L24 のスタンダードに比べるとライトウェイトで、

柔らかな質感ながら腰のある良い生地感。

適度に張りがあり、高級感ある鈍い光沢、

体に馴染む着心地も魅力的な逸品です。

171cm / 62kg / 着用サイズ 48 (38)

で、オーガニックベンタイルとはなんぞや?という話にると思いますが、

読んで字のごとくオーガニックコットンを使ったベンタイル生地。w

また、通常のベンタイルは生地を染める工程で

PFC(過フッ素化合物類)を使った特殊な防水加工 (DWR) を施しているんですが、

オーガニックベンタイルは PFC の代わりに パラフィン を使用した環境にも配慮したエコ素材。

 "エコ"と言いましたが、通常のベンタイルに輪をかけて生産性が悪そうですしw ある意味 贅沢、

というか、オーガニックコットンでベンタイルを作っている時点でかなり贅沢な生地だと思います。
 
アンライニングの一重仕立て & ライトウェイトなベンタイル生地。

ヘビーなコートも使えますが、なんだかんだで一番着まわし、

使い勝手が良いのがこの手のライトウェイトなコート。

無理なく 3シーズン 使える逸品に仕上がっているのではないでしょうか。

オススメです。

お次も


De Bonne Facture Made in France
"Organic Ventile Golf Jacket"
COL:Cinnamon , SIZE:46 (36 / S)
¥89,000 + Tax

そんなオーガニックベンタイルを使った逸品、Golf Jacket。

父親のワードローブがデザインベースにあるという同ブランド。

そんなブランドのデザインを体現するアイテムではないでしょうか。

171cm / 62kg

オーセンティック で 飽きることのないデザイン。

シンプルでプレーン。高級感あるノーブルな雰囲気の中に

カフ と 裾 のゴムのシャーリング。

可愛さがあるというか、ダッズっぽい イナタイ雰囲気 も魅力に感じる逸品です。

こちらは袖裏、内側に薄手なライニングつき。

Tシャツの上から羽織っても肌につかない

袖通り、着心地の良い一枚。

モデルが違うとこうも違うんですね。w

軽やかに春らしく。

これからの時期の羽織りにちょうど良いのではないでしょうか。

まだご紹介していないですが、

カラバリ豊富にご用意している

この辺のスメドレーのTシャツ、ポロシャツ、スキッパー

とか合わせてもカッコ良さそうですね。

また、

実は生産国だけでなく、

工場名までそれぞれのアイテムに明記している同ブランド。

ブランド側の生産背景、プロダクトに対する自信の表れにも感じますし、

自国の生産/クラフツマンシップを守ろうとする前向きな姿勢にも感じられます。

Buy Local じゃないですけど、こういう点もサポートしたくなる魅力的なブランドですね。

他にも

De Bonne Facture 2019 Spring Summer Collection

ジャケット、パンツ etc... 店頭ご用意しています。

また追ってご紹介いたしますが気になる方は一足先に是非店頭まで。

オススメです。






AMEMIYA

コメント

このブログの人気の投稿

Vintage Burberrys Detail & Labels

ハンドキャリー分到着!

Swedish & Soviet Military & Heavy Corduroy