CROCKETT & JONES MADE IN ENGLAND

英国を代表するレザーシューズブランドといえば

Jhon Lobb や Edward Green を思い浮かべますが、

最近だとハイプライスすぎて...と言う方も多いのではないでしょうか。

汎用性、プライス、クオリティー...

個人的には一番バランスが取れている英国靴といえば



Crockett & Jones Made in England

1879年創業の英国の老舗シューメーカー CROCKETT & JONES

英国靴といえばノーザンプトンを代表する一社ではないでしょうか。

歴史に裏打ちされた、確かな一足は

一生ものにも相応しい逸品。

まずは、



  

CROCKETT & JONES "WEXFORD" MADE IN ENGLAND
COLOR : Dark Brown
SIZE : UK7 E
PRICE : ¥68,000 + Tax

以前にも入荷のあった "MORETON" 同様 カントリーコレクションの1足 "WEXFORD"

カントリー系ラストとしては新しいラストの 371 。

"MORETON" と比べ若干彎曲しており ALDEN でいうモディファイドラスト的なラスト。

日本人にもよくあったフィット性の高いラストです。

"MORETON" とはトゥのボリューム感、拝みモカとスタイルが共通しており、

進化版と言った印象で、



例えばシューレースを通すホールに配されたハトメ。

カジュアルなコーディーネートに相性 ◎ ですし、質実剛健な男らしい印象。

カーフ自体も、若干ムラ感のあるアンティークフィニッシュ。

クリーム次第で面構えが変えられるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

続いて、



  

CROCKETT & JONES "BOSTON" MADE IN ENGLAND
COLOR : Black
SIZE : UK7 E
PRICE : ¥68,000 + Tax

数あるモデルの中でも定番の "BOSTON"

きめ細やかな Calf は履き込むことで独自な艶感が増し、

まさに一生ものにふさわしい面構えに。

Weston に代表される 180 Loafer はトゥにセンターシームが入るのに対し、

  

センターシームのない一枚の皮でモカ縫いされた丸みのある美しいトゥは

どこかアメリカンな印象もあるシルエットで

オールデン等、アメリカン・トラッドが好きな方にもオススメです。

また、



靴の踵周り部分には補強用の芯材がアッパーとライニングの間に入り、踵を

しっかりとホールドしてくれます。まさに老舗らしい堅牢な作り。

続いて、



  

CROCKETT & JONES "ALBERT" MADE IN ENGLAND
COLOR : Black
SIZE : UK7 E
PRICE : ¥58,000 + Tax

ドレッシーな面構えの珍品 "ALBERT"

ライニングの文字もゴールドホイルでラグジュアリーな仕上げで、

装飾のないアッパーが潔いスタイリッシュな一足。

この手のデザインのものだとルームシューズやオペラシューズのような

頼り甲斐が薄れてしまうマッケイ製法が多いですが、

  

こちらは頼り甲斐のあるタフなグッドイヤーウェルト。

そしてソールの縫い目が隠された ヒドゥンチャネル 仕上げ。

面構えと中身のギャップがまさにモテそうな一足w

シルエットも、



細身すぎないのも高ポイント◎

ドレスにもカジュアルにも合わせられる万能選手と思います。

また英国靴といえばな、

  

E.G & J.L も新規で買い付けてきています。

また日を改めてご紹介させていただきますが、

店頭には既にお出ししているので気になる方は一足先に店頭までお越しくださいませ。

以上商品紹介でした。

それでは!

Sato








コメント