LEVI'S 501 BIG-E "Irregular"/ 40's~Bosom Shirts

 

<90'sLEVI'Sの広告より>


アメリカ 工場時代の、501の縫製時の写真です。


誇りを持って作られるからこそ、それを物語るこんなディテール。


古着に詳しい方はご存知かと思いますが


LEVI'S社の"Irregular" スタンプ。LEVI'S社の品質基準に達しなかった


ものに付けられたとされ 


そのほとんどはちょっとした織りのムラだったり


ごく小さな傷だったりすのですが、妥協を許さない同社の誇りを感じますね。


そしてこの "Irregular",


00'sや90'sなど比較的近年からでなく、実はかなり古い年代から


存在しており、そのためコレクタブルな側面も。


今日はその辺りを掘り下げつつ、こちらからのご紹介です。



60's〜Vintage LEVI'S 501 66 E or e "Irregular" MADE IN U.S.A

COLOR : Indigo

SIZE : 実寸 30 x 29くらい

PRICE : ¥88,000 (Tax in ¥96,800)



抜群の色感はやっぱりヴィンテージならではではないでしょうか。


惚れ惚れするような色合いは 見ていて吸い込まれそうな魅力があります。


そして前述しました通り



なんとこの時代から "Irregular" モノは存在していたんですね。


この時代ですと "Irregular"スタンプはポケット裏に入ります。(ほんとど消えかけておりますが..)


それを物語るように、赤タブは切り取られており


傷物、B品という印象もあるかもしれませんが



多分このポケット横の織りムラと思います。


ヴィンテージに詳しい方はご存知の通り


ヴィンテージウェアでは この程度の織りムラは日常茶飯事(笑)


慣れている方なら全く気にならないのではないでしょうか。


むしろ、"Irregular"モノである事のコレクタブルな側面に


自分だったら魅力を感じてしまいますね。


さて、ディテールを見ていくと



トップボタン裏6、バックポケット裏シングル、


下ボタンは通常Rなので


66前期であるのは間違いないと思います。


イエローステッチもとても多く、あと可能性としては66 BIG-Eですが



耳裏を見ると、両面ともシングルに見えて


よくよく見ると紺色の色があるので、シングルダブルかな?


と思います。


ただ、紺色の糸の方は、後から入れられた糸のようにも見えますので


補強の意味合いで後年追加されたようにも考えられます。


BIG-Eなら128000円、Small-eなら88000かなと考えていましたので


どちらか正直不明なので、ここは念のためプライス安い方(Small-e)に設定しております。


 (長年見てきた個人的感覚では 66 BIG-Eなんですが..)


どちらにせよお買い得ではないでしょうか。


全体的にまだまだインディゴも残っていますし


状態としても良好であると思います。


また


サイズバランスも良いですよ。


実寸 30 x 29で キレイ目に履くに適した一本となっております。




もう一本、珍しい当時のイレギュラー物。



60's〜Vintage LEVI'S 501 BIG-E "Irregular" MADE IN U.S.A

COLOR : Indigo

SIZE : 実寸 30 x 28.5くらい

PRICE : ¥88,000 (Tax in ¥96,800)



こちらも赤タブが切り取られ、"Irregular"モノでるあると


推察されます。それを物語るように、


ヒップには織りムラがありますね。


(ポケット内部のスタンプは経年からか、消えてしまっています。)


さて、ディテールを見ていきましょう。



トップボタン裏は6表記、


紙パッチはcare〜の入らないタイプで



足の長いR表記、耳は両方ともシングルで


こちらは間違いなくBIG-E期と思われます。


年代で言えば、〜1968くらいまでの中期型BIG-Eに相当する一本。



それだけに味わい深い、実に良い色をしています。


これこそヴィンテージデニムの醍醐味と言わんばかりの


色合いではないでしょうか。


裾もおそらくオリジナルチェーンステッチと思われますよ。



こちらもキレイ目に履ける一本となっております。


レングスも切らなくて良いので、その点も魅力かと。


しかしVintage LEVI'S は 今日のIrregularもそうですが


A-typeやS-type、501-501などなど、


変遷やディテール等、ハマっていくととても面白いジャンルです。


ただハマり過ぎはご注意ください(笑)



さて、一本目のデニムと合わせてStyling..


SHOES/SLADAN Suede Leather Sandal MADE IN SPAIN


上下ヴィンテージですが


こんな感じでサイズ感に気を配ると


クラシックになり過ぎず、バランス良いのではないでしょうか。


合わせたシャツは



どれも独特な存在感を放つヴィンテージのブザムシャツ。


通称 "イカ胸" と呼ばれる独自の前たてが特徴的で


スライリングのスパイスにぜひいかがでしょう。


こちらから。



50's 〜 Vintage "HENLEY" Bosom Shirts Good Condition

COLOR : White

SIZE : 16   実寸 M~L くらい

PRICE : ¥19,800 (Tax in ¥21,780)



英国らしいデタッチャブルカラーに加えて、


前述しました通り独特な胸元のデザインがポイントになるヴィンテージシャツ。


こちらはHENLEYというブランドの物で


ディテール等からして年代的には 1950年代頃〜の物 だと思います。


そう考えるとけっこう古いですね。


その深い年代を示すように



生地全体で絶妙な味わい。特に縫製部分のパッカリングは


シャツ生地ならではの清涼感もあり


洗いざらしの魅力があります。


プルオーバーのディテールに加え



細かな仕様も魅力に溢れており


前後さのある着丈や、サイドには補強マチ付き。


また、袖口もダブルカフ&マチ付きの質実剛健な作りで


本当にこの時代のものは手間を惜しまず


作り込んでいる感じがしますね。


ダブルカフスは着づらい印象もあるかもしれませんが


袖を捲ってのスタイリングの際にも


ボリュームも出て良いと思います。


この手の着丈長めのシャツにはロールアップが何とも好相性。


もちろん、



タックイン、タックアウトどちらもサマになる


ヴィンテージアイテムですので


ぜひお好みで着こなして頂けたら幸いです。


もう一枚ご紹介。



40's 〜 Vintage "MOSS BROS" Bosom Shirts Good Condition

COLOR : White

SIZE : 14H 実寸 S~M くらい

PRICE : ¥19,800 (Tax in ¥21,780)



タグにはMOSS BROS OF COVENT GARDEN の記載が見て取れ


こちらも英国のブランドで間違いありません。


先ほどの物に比べよりクラシカルな印象の


フロントデザインが良い雰囲気ですし



何より一見プルオーバーに見えつつも


前開きにもなるグッドディテール。


この仕様は様々なブランドがサンプリングしてきた、素晴らしいディテールでは


ないでしょうか。実際着やすく、着こなしの幅が広がるのが良いです。



またこの手の古いシャツに見られるバックヨーク中央に付いたこのループ。


これも多くのブランドがサンプリングしてきた仕様と思いますが


ロッカーループのようでいて実はカラー(襟)を通すためのループだったようですね。


見ていくほど面白いディテールの数々ですが、



何よりやっぱり着用時のオーラが最高。結局これに尽きます(笑)


新品でもたくさん良いものはありますが、ヴィンテージシャツにしかない


存在感があると思います。


スタイリングとしては


PANTS/40's Vintage Australian Army Khaki Drill Shorts W~31 / 2

SHOES/SAS (San Antonio Shoemakers) Journey Mesh MADE IN U.S.A Gray


ショーツ&スニーカーで崩しても面白いかと。


軽い印象になりがちなこの季節のスタイリングのスパイスとしてぜひいかがしょう。


以上、商品紹介でした。




2ndさんに掲載頂きました。ありがとうございました。



宜しければぜひぜひご覧になってみてください。



コメント